こんにちは、あんさん(@kazuo_ansan)です。

ひと月ほど前に告知しました交流会。↓

トリミングサロンを開業した卒業生の皆さんを招いて交流会します

一昨日、豊中にて開催いたしました。

 

 

バリバリの独立店や独立準備中の方、トリマーとして就職された方から現役の生徒さんまで15名によるディスカッションは、質問が飛び交いとても充実した2時間となりました。

勉強会のあとは焼鳥屋さん貸切で全員参加の交流会で皆さんしゃべり倒し、盛況のうちに無事閉会いたしました。

また開催したいと思います。

 

立地条件について

今回は皆さんのお話を聞いている方が多かったのですが、やはり現在独立準備に入られている皆さんの質問は熱く、切実さが伝わってきました。

もう店の場所が決まっている方が3名。

これから準備を始める方が3名いらっしゃいましたが、どちらにしろ立地条件によるブランディングや対策を考えていかなければいけません。

今朝、ツイッターでもたまたまそれに関するものを目にしました。

やはり大事になのは、地域周辺の同業者情報です。

昔はお客さんのフリをして偵察に行ったものです。笑

ところが今は、グーグルマップを使うと部屋にいながら相当の情報を得ることができます。

その方法のご紹介。

 

グーグルマップ検索の使い方

グーグルマップでは住所検索だけでなく、他の情報でも検索をすることができます。

上部にある検索窓に検索ワードを入れるだけ。

 

たとえば「豊中市、トリミング」と入力して検索すると、それに関するお店がズラーっと出てきます。

 

 

上の画像がそれです。

弊店を中心に半径1km以内に18軒ヒットしました。

豊中はドッグサロン激戦区なのがよくわかります。

これから場所探しをする場合でも、競合店が多いからといって諦めることはありません。

競合店が多いということは、それだけ需要があるということです。

検索をすると下に縮尺が出てきますから、半径1kmとか2kmとか自分で設定して探すことができるのも便利です。

 

 

グーグルマップのすごいところ

すごいのはここから。

なんと、出てきた店のところをクリックすると、その店の情報が横に出てきます。

試しに「吹田市、トリミング」で検索してみましたら、交流会に来てくれていた生徒さんの店が出てきました。

①が生徒さんの店の場所で、②が店舗情報です。

 

 

さらに、その②の写真のところをクリックしてみます。すると

 

 

その画像が大きく表示され、下にはその店に関する画像がズラっと出てきます。

下に並んだ画像をクリックすると、その画像がまた大きく表示されるという仕組みです。

店の外観や

 

 

店舗内の写真まで。

 

 

店の雰囲気から広さまで一目瞭然ですね。

なんということでしょう。

行かなくてもここまで知ることができてしまいます。

並んでる商品まで見えるという…。

ホームページがあればワンクリックでホームページにも飛べます。

 

地域の特徴を探る

弊店の周りには18軒の同業店舗がありましたが、逆に全然ない地域もあります。

同業者が多いということは需要がある証拠ですが、同業者がいない場合、その理由は何なのかを調べなければいけません。

需要がないのか、住宅街で出店できないのか、またまたすっぽりと空いた穴場なのか。

それらも、グーグルマップとグーグル検索である程度まで調べることが可能です。

 

もう言い飽きてきましたが、ほんとすごい時代ですねぇ。

どやさ。