豊中のペットショップfuca店長ブログ
管理人紹介

(株)オフィス風花代表取締役。ドッグサロンfucaオーナー。一般社団法人日本ペット技能検定協会関西統括MGR。日本ヒューマンアカデミー実技研修所講師。ナニワのカリスマ添乗員、日本旅行の平田進也氏とのコラボ「愛犬とふれあいまくりツアー」の企画運営。また「おもしろ旅企画ヒラタ屋公認わんわん倶楽部」を主宰しています。
メール送信はコチラから


ただいまのオススメカテゴリはこちら↓です~♪


ホテル開業のススメ

最近の記事
カテゴリー
Calender Archive
2018年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
月別アーカイブ



TweetsWind

LINE@やってます



お得情報やクーポンをいち早くGETできるお店専用のLINE@。もちろんお金はかかりません。LINEをされている方ならどなたでもご登録いただけます。スマホ、携帯からは下のバナーをクリックで友だち登録。

  友だち追加


PC、タブレットからご覧の方は、下のQRコードもしくは「ドッグサロンfuca」で検索。







 


 

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
-->

犬の笑顔について考えてみた

2015年02月25日 7:12|雑談


唐突だが、犬はこんな能天気夫婦のようには笑わない。


IMG_0551

犬が喜んでいるのは、尻尾をふるとか、走り回るとか、吠えるとか、そういった行動ではわかる。長い間犬と付き合ってきて、たしかに犬にも喜怒哀楽があるというのは信じる。


f02

「犬、笑顔」で検索すると犬の笑顔画像が溢れている。しかし笑っているように見える犬の表情は、例えば口を開けてハアハアしていたりすると、そう見えるだけなのだ。意識的に喜びを笑顔で表現するなんてないはずだ。あぁお風呂気持ちええなぁ、極楽やなぁ、と思っているかも知れないがこれは笑顔ではない。ハアハアなのだ。


IMG_5693

全身からにじみ出る喜びというのはある。ペットホテル送迎で飼い主さんと久しぶりの再会を果たした時の犬たちの喜びようと言ったら、それはそれは全身で喜びを表現するが、顔は普通だ。見えないけど。


IMG_9217

ところがその某の永年の研究結果を覆す野郎がいる。黒ラブなのだが、トリミングの送迎に行くと大喜びして跳ね回る。そこまではいくらでもいる。その後、飼い主さんが出てくるまでの数分間(大邸宅なのだ)、上から見下ろすような庭から某を凝視するのだが、いつもこういう顔になる。ほら。わかりますか?ニタ〜〜っとしてるの。


IMG_4929

笑ってるよなぁ・・絶対笑ってるよなぁ・・・

           どやさ。



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。

自宅開業モデルケース3

2015年02月24日 4:15|サロン独立開業



早いものでサロン開業カテゴリー10回目の投稿記事になります。今回は自宅開業モデルケース3、大阪府吹田市のペットサロンCHOPPERを開業されました西野さんのご紹介です。


IMG_2061

御多分に洩れず、ペット業界で働いたこともなければトリミングに関する知識もゼロだった彼女。以前から興味のあったトリミングを勉強したいと思ったのはいいものの、まだ子供さんが小さく子育て真っ盛りの時期で、時間的にも金銭的にもとても一から専門学校に行く余裕などない中で調べているうちに出会ったのが、日本ヒューマンアカデミーの「たのまなトリミング通信講座」だったそうです。

講座を受講し始めた当初は、育児が落ち着いたらいつか自分のお店をしたい、今はただ一生懸命勉強しよう、そんな気持ちで実技研修所である弊店に来られました。 ところが実技研修が進むうちに彼女の心境に変化が表れます。

「いつかしたい」が「早くしたい!すぐしたい!」に変わったのです。それはなぜか。技術的な進歩、先生とのいろいろな話、現場の空気、いろいろな経験がありますが、なにより実際に自分と同じ立場だった人たちが開業している姿を目の当たりにし、独立開業が現実としてハッキリ見えたからです。 実技研修終了から2ヶ月後、4坪の自宅のガレージを改装して作ったのがこのお店です。


IMG_2058

ご主人やご家族の協力なしではできなかったと今もおっしゃっていますが、今でも思い出すという開店から初めての年末(トリミングは年末が1年で最高の繁忙期)のこと。

子供をかまってあげることもできず後ろ髪を引かれる想いで忙殺されていた彼女の元へ、当時5歳の息子さんがトリミングをしているお母さんの絵を描いて持ってきてくれたそうで、その絵を見たときは涙が止まらなかったと。5歳のぼくの健気な思いや家族の絆があり今がある、素敵なお話を聞かせていただきました。 


IMG_2060

皆さん物語がありますね。さて次回は、自宅開業を成功されている皆さんの共通点について書かせていただきます。

  ポチポチといただけると嬉しいです。



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。