2015 1月 | 豊中のペットショップfuca店長ブログ
管理人紹介

(株)オフィス風花代表取締役。ドッグサロンfucaオーナー。一般社団法人日本ペット技能検定協会関西統括MGR。日本ヒューマンアカデミー実技研修所講師。ナニワのカリスマ添乗員、日本旅行の平田進也氏とのコラボ「愛犬とふれあいまくりツアー」の企画運営。また「おもしろ旅企画ヒラタ屋公認わんわん倶楽部」を主宰しています。
メール送信はコチラから


ただいまのオススメカテゴリはこちら↓です~♪


ホテル開業のススメ

最近の記事
カテゴリー
Calender Archive
2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月別アーカイブ



TweetsWind

LINE@やってます



お得情報やクーポンをいち早くGETできるお店専用のLINE@。もちろんお金はかかりません。LINEをされている方ならどなたでもご登録いただけます。スマホ、携帯からは下のバナーをクリックで友だち登録。

  友だち追加


PC、タブレットからご覧の方は、下のQRコードもしくは「ドッグサロンfuca」で検索。







 


 

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
-->

合縁奇縁

2015年01月31日 12:10|雑談

自分で書いておいてなんですが、最近真面目なブログ続きで食傷気味なのでちょっと息抜きブログ書きます。写真は、女将さん軍団に囲まれる某です。左から日本旅行のカリスマ添乗員平田進也さん、淡路島うめ丸の女将藤川さん、淡路蒲鉾工房鯛おどる館の女将鯛さん、100年続く老舗富士屋製菓ビーンズ工房楽豆屋の若女将北野さん、fucaの女将(笑)、岡山の倉敷帆布(株)バイストンの女将武鑓さん。


(null)


合縁奇縁(あいえんきえん)という言葉がありますが、特にこの仕事を始めてから頂いたご縁は、某にはもったいないくらいの素晴らしい繋がりばかりということもさることながら、前世の繋がりというものが本当にあるんじゃないかと思うほどの近しさを感じさせてもらえるのです。左がPHP文庫編集長の根本さん、右が10万部ベストセラー時代小説「本所おけら長屋」作家の畠山健二さん(けんちゃんw)。


(null)


出会って間も無いのに年来の友のようなというか、やだぁ〜〜もう初めって会った気がしな〜〜い、というまるで某キャバクラのお姉さまの常套文句のようなお付き合いができるというか、ご縁に時間は関係ないんだなと心底実感できるというか。左から2番目はご存知百田尚樹先生。


(null)


そういったご縁から自然と派生していく新たなご縁は、これまた近しくなるのは自然の流れかも知れませんが、今までまったく縁のなかった世界の貴重な話を聞けたり経験をさせてもらえたり、某にとって雲の上のような存在の人物が目の前に現れたり、その吉のスパイラルは止まることがありません。右、タオルはまかせたろ.com京都工芸代表、タオルソムリエの寺田元さん(元ちゃん)。


(null)


写真下真ん中のミュージシャンでありMCでありタレントであり、マルチな才能全開のたつをくんとは以前「おはよう朝日です」で取り上げてもらった「愛犬とふれあいまくりツアー」のロケで仲良くなり、こちらも以前から仲良くさせていただいている左の注染手ぬぐい専門店にじゆら株式会社ナカニの中尾社長と、それぞれ別のところでご縁ができて繋がったのは驚きましたが、世間というのは狭いというか、これはもう必然なのかなと思うのです。


(null)


同じ時代に生きているだけでもご縁だと思うのですが、72億人いる世界のここで巡り合ったことはもうそれだけでヒャ〜〜〜ッな奇跡の出会いなわけで、素晴らしい仲間に囲まれている今の自分はそれだけで幸せだなぁと思いながら、このブログを書くのに画像をいろいろさかのぼって探しながら見ていたら、やっぱり思い出の写真というのはいいことばかり思い出して、なんだか感傷的になってしまいます。


(null)


こんな写真も出てきました。楽天ショップオブザイヤーの常連、リトルムーンインターナショナルの文美月(お文、月婆)さんが、去年の某の誕生日を祝ってくれた時のものです。スケベ親父と財産目当ての愛人のツーショットみたいなこの写真もホントは6人くらいでドンチャン騒ぎしてただけなんですが、こんなラフなお付き合いをしていただけることが何より嬉しくて、ご縁をいただく皆さんに、ひたすら感謝しかありません。


(null)


飲んでる写真がほとんどですけど。

           どやさ。



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。

ペットホテルビジネスの社会的な意義

2015年01月28日 5:50|サロン独立開業


(null)


前回も書きましたが、売上や利益率、つまり平たく言えばどれほどの収入が見込めるかというところはとても大事なことなので、すぐにでも書きたいのは山々なのですが、どうしても先に書いておきたいことがあります。

テレビ等各メディアでもお馴染みの株式会社日本旅行のカリスマ添乗員平田進也さんとは、弊社が主宰しております「おもしろ旅企画ヒラタ屋公認わんわん倶楽部」でもお世話になり、公私ともに仲良くさせていただいております。

商売は笑売だ!を実践されている平田さんがいつもおっしゃっていることなのですが、近江商人の「三方よし」、売り手よし買い手よし世間よし〜売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手が心の底から満足し、さらに商いを通じて地域社会の発展や複利の増進に貢献しなければならない〜(ウィキペディアより)、という理念。

ペットホテルビジネスにおいてこの「世間よし」は何なのか、そこが肝になると思っています。たとえば、散歩の時におしっこを流すマナーウォーターを持って歩く、これは迷惑をかけないための最低限のマナーであって世間よしではありません。ペットホテルビジネスの社会的な意義は、簡単に書くと以下の流れで生まれると常々考えています。

①安心できるペットホテルに預けると飼い主の自由行動の範囲が広がる。→ ②飼い主のストレスがなくなり定期的に距離を置くことにより犬との良好な関係が強化される → ③犬との生活に対する意識の向上 → ④虐待や放置など不幸な問題の減少 → ⑤日本の殺処分ゼロ社会実現

②と③について少し詳しく書きます。人間関係と同じで皆さんも経験がおありだと思いますが、たまに距離を置くということはとても大切なことです。ペットホテルの生活は犬たちもいつもの「家族という小さな群れ」から離れ、犬社会という別の群れの中で本能を刺激され、飼い主さんには見せない別の顔を見せることがよくあります。

ペットホテル側は、その行動からその子本来の性格を観察し、飼い主さんにお返しするときにはその報告とその子との共同生活における簡単なアドバイスを差し上げることで、より円満な関係が強化されるサポートをする。これが④に繋がる小さな一歩となり、大きな目標である⑤への貢献になると考えます。

日々のニュースでも、三方良しの世間よしが欠如しているから潰れたんだろうなと感じる会社が多くありませんか?おかげさまで、社会で成功されている皆さんといろいろなご縁をいただき、その方たちに商売において最も大切なことはこの世間よしだと教えられてきました。でも爪に火を灯すような苦しい生活をしながら、世間よしだ社会的意義だと声高らかに叫んでいても商売は長続きしません。

やはり先立つものは必要です。読者の皆さんの中には財産の心配など不要な方もいらっしゃるでしょうが(笑)、あくまでもこのブログカテゴリーでは、お金がないところからスタートした私たちの経験をもとに書いていきます。

セミナー等でも皆さん一気に目が覚めるどころかキラキラ輝いてお聞きになる大事なお金の話はもう少しお待ちください。次回は自宅でペットホテルを開業することのメリット、デメリットについて書かせていただきます。焦らしているわけではありません。すべて同じくらい大事なのです。

     どやさ。



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。