2014 12月 | 豊中のペットショップfuca店長ブログ
管理人紹介

(株)オフィス風花代表取締役。ドッグサロンfucaオーナー。一般社団法人日本ペット技能検定協会関西統括MGR。日本ヒューマンアカデミー実技研修所講師。ナニワのカリスマ添乗員、日本旅行の平田進也氏とのコラボ「愛犬とふれあいまくりツアー」の企画運営。また「おもしろ旅企画ヒラタ屋公認わんわん倶楽部」を主宰しています。
メール送信はコチラから


ただいまのオススメカテゴリはこちら↓です~♪


ホテル開業のススメ

最近の記事
カテゴリー
Calender Archive
2014年12月
« 11月   1月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
月別アーカイブ



TweetsWind

LINE@やってます



お得情報やクーポンをいち早くGETできるお店専用のLINE@。もちろんお金はかかりません。LINEをされている方ならどなたでもご登録いただけます。スマホ、携帯からは下のバナーをクリックで友だち登録。

  友だち追加


PC、タブレットからご覧の方は、下のQRコードもしくは「ドッグサロンfuca」で検索。







 


 

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
-->

さらに上のペットホテルを目指して

2014年12月05日 11:46|ペットホテル


ペットホテルを始めて10年が経ちますが、大事にしているポイントは「犬も人もノンストレス」なことです。

預けられる犬たちは飼い主さんと離れることでもちろんストレスがかかるのですが、預ける側の人だって大事な家族を他人に預けるというストレスがかかる。

この両方のストレスを軽減することが何より大事で、どちらか一方が欠けてはいけません。犬たちのストレスが軽減されていることが目に見えてわかることが、飼い主さんのストレス軽減に繋がることは間違いありません。

お客様に対してお預かり状況を口頭で説明ご報告し、カルテに記録していたとしても、下痢など、体調を崩してお返しすることになれば、果たして報告がどこまで信用していただけるのか。犬は話すことができません。そこが問題なのです。さて下の動画。先週のペットホテル動画です。





この日初対面の2匹が楽しそうに戯れています。このひとつの動画を見るだけで、飼い主さんは愛犬がどれだけノンストレスで過ごしているかがわかります。つまり動画に勝る報告はないと思うのです。動画はこれだけではありません。24時間見守りの定点カメラも設置しています。


IMG_0099.JPG


よく勘違いされがちなのですが、フリースペースのお預かりだから必ずノンストレスというわけではありません。ほとんどの犬たちは存外狭いスペースを好みます。これは犬たちの本能の縄張り意識とも関係しますが、総じて狭いほうが安心できるのです。

昼間は自分の縄張りではない環境の中で、スタッフの助けを借りながら他の犬たちと交流し仲良くできるのですが、家のようにリラックスして熟睡することはやはりお店に慣れないと難しく、みんな疲れています。

ですから夜は、誰にも邪魔されないこのペットマンションの狭い空間は、犬たちにとって必要な休息場所となります。

どうしても狭いところに入れられるのがダメな犬もいます。前もってその情報があれば対処できますが、そうでない場合も多く、その観察のための定点カメラは24時間LIVEで動画を配信し、私はそれを自宅ではテレビで、出先ではスマホで確認できるようになっています。

これからは、犬も人もノンストレスで安全快適は当たり前、もっとできることがある筈で、絶えず新たなサービスを模索追求していくことが、私たち命をお預かりする者の最低限の責任だということで、来年新たな挑戦を始めます。


IMG_0068.JPG


さらなる上のペットホテルを目指して・・・。おほほ。

     どやさ。



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。

冬の怪談

2014年12月01日 5:49|雑談



IMG_1116.JPG


季節外れですが、あまりにも怖かったので書きます。昨日のことです。

うちの近くには服部緑地という大きな公園があります。
公園の中にはいろいろな施設があり、敷地内には大阪でも有数規模の墓地もあります。

犬たちの送迎が遅くなり、夜の9時頃でした。
この時間になると、公園内を抜ける道も通る車はほとんどなく人影もありません。
最後の送迎を終え、カーラジオを聴きながら家路を急いでいました。

ちょうど墓地の近く、公園の北側を通る片側一車線の狭い道を走っていた時です。
まだまだ落ち葉が一面に残る公園右手から、小学低学年くらいでしょうか、小さな男の子が飛び出してきたのです。

焦りました。というよりもう間に合わない距離です。
急ブレーキを踏んだのですが、やはり間に合いません。
あかん!!

ドン!!

当たった音が聞こえました。
万事休す。
大変なことになった。
車を飛び降りました。

ところが・・・
そうです。
そこには誰もいないのです。
恐る恐る車の底を覗いてみましたが、何もありません。
確かにハッキリと男の子を見ました。
音も聞こえました・・・

ぎゃーーーーーーっ!
でたーーーーーーっ!

青ざめ車に乗り込み必死で逃げている途中で目が覚めたら2時でした。
怖くてトイレもいけません。
頻尿なのに。

あぁ怖かった。

     どやさ。



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。