2013 8月 | 豊中のペットショップfuca店長ブログ
管理人紹介

(株)オフィス風花代表取締役。ドッグサロンfucaオーナー。一般社団法人日本ペット技能検定協会関西統括MGR。日本ヒューマンアカデミー実技研修所講師。ナニワのカリスマ添乗員、日本旅行の平田進也氏とのコラボ「愛犬とふれあいまくりツアー」の企画運営。また「おもしろ旅企画ヒラタ屋公認わんわん倶楽部」を主宰しています。
メール送信はコチラから


ただいまのオススメカテゴリはこちら↓です~♪


ホテル開業のススメ

最近の記事
カテゴリー
Calender Archive
2013年8月
« 7月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
月別アーカイブ



TweetsWind

LINE@やってます



お得情報やクーポンをいち早くGETできるお店専用のLINE@。もちろんお金はかかりません。LINEをされている方ならどなたでもご登録いただけます。スマホ、携帯からは下のバナーをクリックで友だち登録。

  友だち追加


PC、タブレットからご覧の方は、下のQRコードもしくは「ドッグサロンfuca」で検索。







 


 

ちょっと一息
天気予報
お散歩の参考までに^^
-->

韓国旅行で

2013年08月22日 5:35|雑談


釜山へ行って来ました。先月のことですけど。


IMG_4218


名付けて「平田/安藤 わいわい釜山3日間」、家族ぐるみで仲良くさせていただいている日本旅行の平田進也さんご夫妻と4人でプライベートツアーというか、共に奥さん孝行旅です。


IMG_4198


カリスマ添乗員が一緒という贅沢さ、さらに釜山在住の平田さんの友人プロガイドさんに専属車も運転手さんも3日間付きっきりで、宿泊はオープンしたばかりのパークハイアット、もうどうしましょうの気分はVIPです。


IMG_4202


いい歳なんだから、あまりはしゃぐのも恥ずかしいと思いながら、どうしてもテンションが上がってしまい、日本にでもあるだろうに、バスローブを着てポーズとったものの、どう見ても人間ドッグに来たおっさんにしか見えなかったり。


IMG_4217


せっかくなので、韓国のペット事情を見てみたいと、無理を言ってペットショップを回ってもらい、予想に反して衛生的なショップに感心したり、トリミング技術は勝ったなと自負したり。


shop2


冷麺が驚くほど美味しくて、チヂミも美味しくて、でも肉は日本のが美味いなとか、お造りも日本だなとか言いながら、タコの踊り食いで大騒ぎして、その値段の高さにもう一度驚いたり。


写真


高さといえば極度の高所恐怖症のくせに、あまりの美しさに高さを忘れて夢中に写真を撮っていたら、帰国後なんとなく高い所が平気になったような気がしていたり。


IMG_4270


韓国といえばエステ天国ということで、奥様方お二人がエステにお出かけの間に、親父2人で鬼の居ぬ間に「さぁ呑むぞ」と部屋で免税店で買った上等のワインを開けたものの、1杯ちょっと呑んだだけで疲れてチ〜ンだったり。


IMG_4258


2泊3日の旅はあっという間に終わったのでした。こう見えても新婚旅行だったのですがね。ちがうか。ハハハ。


IMG_9021

どやさ。



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。

スタッフの愛犬が・・・

2013年08月05日 7:01|雑談


15年の生涯を閉じました。中型犬で15歳は人間でいうと80歳以上の長寿です。とはいえ、早朝電話をかけてきたスタッフの狼狽、家族を亡くした悲しみは計り知れず、仕事どころではありません。

彼女に、そして自分に言い聞かせるように「哀しみのどん底の中で最後までちゃんと送って上げる段取りをつけていくのが、飼い主として家族としての使命なんやで、みんなそうなんやで」と、可哀想でしたが葬儀の段取りやご家族への報告など、一緒に粛々と進めて行きました。

その日は彼女を休ませ夕方まで彼女は自宅で愛犬と過ごし、その間にご家族も来阪され、夕方から私も一緒に宝塚動物霊園へ葬儀と火葬に向いました。

初めての宝塚動物霊園でしたが、まずその対応の素晴らしさに驚きます。プラン的にはオプションまたオプションで、たしかに金額的にたたみ掛けられる側面もありましたが、そこはハッキリと意思表示すれば、それ以上しつこく言われることもありません。

必要なもの、やってあげたいことのみ選択していくには、事前に調べて行くのがベストだと思います。ちなみに私は無宗派なので形式にはこだわりませんでしたがが、用意されたのは仏式でした。宗派により相談にのってもらえるようです。

今回は棺を桐のものにし、遺骨を一旦持ち帰るプランで、家での祭壇セット、遺骨を持ち歩けるペンダント4つ(ご家族の分)、白木のご位牌、僧侶による読経の葬儀では三途の川の渡し賃六文銭までつき、火葬場での最後のお別れ、骨上げも係の方の親切丁寧な解説のもと家族の手により行えます。

初七日は寺院の方で執り行ってくれるのですが、その際に使った名前入りの経木を後日郵送してくれます。そこまですべてで予算は6万円強です。高いか安いかは各自の判断だと思いますが、私はその値打ちが十分にある葬儀だったと思います。

すべてが終わり帰路、車中で彼女に「ちゃんと送ってやれたなぁ、よかったなぁ」と言ったあたりから彼女にもようやく落ち着きと笑顔が見えて来ましたが、葬儀というのは大事な人を送るためだけでなく、残された人のためにもあるのだとつくづく感じたのでした。

数ある葬儀会社を全部見た訳ではありませんが、いろいろな噂は耳にします。今回の宝塚動物霊園さんは素晴らしかった。最後に私の名刺を渡したら、慌てて営業マンが出て来て「後日改めて伺います」と言われましたが、そこはやっぱり普通の会社だなぁと思ったり。

写真はいくつも撮ったのですが、彼女の気持ちを慮るとまだ載せる気になれません。写真は帰り道に撮った墓地からの夜景です。みんなこの景色が見えるところに眠っています。

IMG_4280

メルちゃんはいろんなことを教えてくれて虹の橋を渡っていきました。合掌。
(-人-)



※コメント欄は設置しておりません。お手数ですがメッセージ等ございましたら、メールにてコチラからお願い致します。